グルタミン酸と言ってみれば、ご存知いる方は「あっ!」って思われますかもしれありませんが、昆布に含まれるうまみ成分の一つでもあるのです。

 

更に、グルタミン酸ナトリウムと言えば、「味の素」もそうだか。

 

味の素の主成分の97.5%はグルタミン酸ナトリウムの結晶から出来ているのです。

 

でしたら、筋トレ後に味の素を食べるそしたら済む話では? 残念ながら、名前は似通ってるのは、構造の分子が似ているからだ。

 

グルタミン酸も体タンパク質を作っている大切なアミノ酸ですけど、単独での効果に関しましては期待ができませんのです。

 

一方、グルタミンの場合は、胃腸のエネルギーになる他、筋肉分解の抑制、筋肉合成の促進、成長ホルモンの分泌を促進させるなど、グルタミンの場合は、単独でも効果が期待出来るアミノ酸なんです。

 

さて、グルタミンとグルタミン酸、名前はもっとも似通っているし、同じアミノ酸です。

 

両方、体内のたんぱく質を構成する20種類のアミノ酸に含まれています。

 

しかしアミノ酸の構造、そうして体内での働きが異なるといえます。

 

グルタミン酸につきまして、名前を聞くと、もしかするとうまみ成分が思いついたかもしれない。

 

味の素などのうまみ成分としまして、グルタミン酸が入っています。

 

(厳密にはグルタミン酸ナトリウムです。

 

) グルタミン酸はグルタミンの代謝物でありまして、似て非なるものでしょう。

 

グルタミン⇒グルタミン酸⇒GABAという風に代謝されています。

 

グルタミンは全身のエネルギーをつかさどる重要な役割をしています。

 

特に腸粘膜のターンオーバーの需要が高まるとき、たとえると腸に炎症があった場合など、その修復のために需要が高まります。

 

さらに、IgA産生にはグルタミンとビタミンAが必要です。

 

腸の検査でIgA低値、炎症があると出た場合に、グルタミンは処方させられることが多いみたいです。

 

グルタミン需要が増加するケースには以下の様な場合もあるようです。

 

 

グルタミンのおすすめはこちら