運動をした時、風邪を引いた時、ケガをした時など、体にストレスがかかった時はグルタミンが大量に消費されているのです。

 

消費されましたグルタミンが適切に補給されませんと、体にストックしてましたグルタミンが足りなくなり、筋肉を分解してグルタミンを供給するためになるのでしょう。

 

これが激しいトレーニング時や、体調が悪くて寝たきりの状態の時に筋肉が失われている理由のひとつです。

 

その為必要なグルタミンがちゃんと補給されているそしたら、筋肉の分解は抑制されます。

 

医療機関では手術後や動くことが困難な場合にも筋肉が維持出来るよう、点滴に添加するだけはあるのです。

 

たとえるとせっかく筋肉を付けるために筋トレをしてるのに、反対に分解させてしまいましたとしてましたりするとしたら本末転倒ですよね。

 

運動後には消費されたグルタミンをちゃんと補給することをオススメします。

 

成長ホルモンの分泌を促すまたグルタミンは成長ホルモンの分泌も促進するため、体脂肪の分解と新しい筋肉の成長を助ける効果があげられます。

 

この働きは特に体脂肪を落とそうとしたりする人々に有効に働きます。

 

(成長ホルモンは筋肉の成長と体脂肪分解に効果があるため)特に筋肉を減らさずに体脂肪を落とやりたといった場合に有効です。

 

パフォーマンスを最大化するようには、全身に十分にグルタミンが行き渡ることが必要です。

 

体内で最もグルタミンを必要とする器官は小腸です。

 

そうして免疫細胞もグルタミンを必要としています。

 

グルタミン値はトレーニングで消耗することよっても低下するため、ハードトレーニングで疲弊したりする時ということは風邪を引きやすくなるんです。

 

こんな理由でもグルタミンの摂取には大きな意味があげられます。

 

よりすべての筋肉を作るためのみでなく、身体の免疫力向上効果が期待出来るたためだ。

 

トレーニングなどで体に負担がかかった状態では、各臓器がグルタミンを必要とするため、体内で生成出来るグルタミンだと量が足りなくなってしまうことがあげられます。

 

付け加えると、トレーニングだけでではなく精神的なストレスや風邪を引いたときなんかもグルタミンの必要量が増えます。

 

グルタミンが足りなくなると、体は必要量を確保するために筋肉を分解 してしまうでしょうことになりかねません。

 

さらに、ダイエットも並行している場合は食事量の制限により、潜在的にグルタミンの量が不足しがちになるんですので、より筋肉が分解させられるリスクが高くなるんですね。

 

グルタミン量が不足したまま、激しいトレーニングを継続してしますと筋肉は成長どころでなく逆に劣化してしまいいます。

 

強い男、逞し体を目指して日々、根気強くトレーニングに励んだりしているはずなのに ゴールから遠ざかってしまうなんちゃって悲しすぎますよね… そうなることはない為にも、激しくトレーニングに取り組まれる方、 または、上で挙げたような症状に覚えのある方は 一度グルタミンの摂取を検討してみてほしい。